BOFXVのまとめパッケージ(temporary)

BOFXVのまとめパッケージ(temporary)(非公式)

概要

前回のBMSイベントパッケージ配布と共通のダウンロードと解凍方法です。
これは即応的なので随時アップデートされます。

解凍には7-zipを使ってください。解凍方法はこちらをご覧ください。

リンク先およびパッケージ本体に当ブログで採用しているCC BY-SA 4.0ライセンスは適用されません。著作権は全てそれぞれの作者に帰属します。

問題のある場合、 特に今回は修正や追加漏れ につきましてはTwitterかPleromaなど各種SNSまたはメールまでお願いします。

最低限ですが解凍エラーや補完のためファイルの追加・削除についての改変を行っています。ファイルそのものの改変は一切行っていません。

ClamAVによる一次検査とvirustotalによる二次検査でウイルスチェック済みです。
しかし以下のBMSパッケージの利用により生じる一切のトラブルに関知せず、またトラブルにより生じた損害または損失に対していかなる場合でも責任は負いかねます。

7-ZipのCRCでSHA-256が確認できます。一連のファイルを全て選択してCRC -> SHA-256を選択してください。だいたい上下5ケタの照合で十分なはずです。

パッケージ

パッケージ元

BOFXVのNo.1〜No.149までまとめたパッケージ
現時点までの修正・追加ファイルまとめ
BOFXVのNo.150〜165までのパッケージ
No150~1次登録最終ぶんまでのパッケージ
現時点での追加・修正系のパッケージ

最新版

No.001-No.369までのBMSを収録しました。修正は追えていないので何も分かりません。
つまり、本当に2次登録最終までのBMSを含んでいます。多分これで最後だと思います。
よって完全版をこちらに掲載しています。
修正は随時ご連絡ください。速いときは速く対応します。

2020年1月13日差分

No.346-No.369までのBMSを収録しました。修正は追えていないので何も分かりません。
多分これで最後だと思います。

パッケージ

名前: BOFXV-1578903249.7z
サイズ: 1057171622 バイト (1008 MiB)
SHA256: 5F812470B753A83D144B7AB2058CE163A64A703AA98C1C8BDF3BDA09B94191BF

2019年10月30日差分

No.334-No.345までのBMSを収録しました。修正は追えていないので何も分かりません。

パッケージ

名前: BOFXV-1572533999.7z
サイズ: 781766992 バイト (745 MiB)
SHA256: 8EDB50928CF415B3BBFEE6F26A001B6496C051F7B3B6BE9C74951820CF50E852

2019年10月18日差分

No.303-No.332までのBMSを収録しました。修正は追えていないので何も分かりません。

パッケージ

名前: BOFXV-1571317200.7z
サイズ: 1327497729 バイト (1266 MiB)
SHA256: 020EEC186F9B60959E3E8AACEA3652A400D4D860984FE8F1237422773984E2F1

修正事項

No.321の解凍でエラーが出ます。プレイ可否は未確認です。
No.319とNo.320の解凍でエラーが出ます。完全版で修正します。個別にダウンロードしてください。

2019年10月12日差分

No.150-No.301までのBMSを収録し、2019年10月11日21時30分までの修正を適用しているはずです。

パッケージ1
パッケージ2

ファイル数: 2
サイズ: 5961915604 バイト (5685 MiB)
データの SHA256 チェックサム: DDC1BF33D588060CFBE71018C1B7FFE511A7C9367E1A3664124F4BD07C58FF8B
データと名前の SHA256 チェックサム: C7526BA08E9DFB143506DF61B4CC97E0DE5FA0E17F360F024ADC3DE993A18618

修正事項

キー音なしBMSは各自で消してください。

2019年10月6日差分

No.179-No.203までのBMSを収録し、2019年10月06日17時09分までの修正を適用しているはずです。

ディレクトリをマージするだけで更新できるはずです。
コマンドプロンプトで

robocopy “[コピー元\BOFXV]” “[コピー先\BOFXV]” /E /XO

を実行するのがおすすめです。

パッケージ

名前: BOFXV-1570366799.7z
サイズ: 1294240670 バイト (1234 MiB)
SHA256: EC654200061FCECAFBC380378FC6640DDE4E65D55575C0C63212D9B6CCF170F5

修正事項

  • チーム名: 強・深発酵黒烏龍茶研究所 aka 01' mega LABの「reincarnation」はOGG(complete)が入ったので“\BOFXV\強・深発酵黒烏龍茶研究所 aka 01' mega LAB\reincarnation(WAV NO BGA)\”を消すことができます。ただし旧版の修正も搭載してはいます。

2019年10月5日版

No.001-No.178までのBMSを収録し、2019年10月05日23時59分までの修正を適用しているはずです。

パッケージ1
パッケージ2

ファイル数: 2
サイズ: 7907937137 バイト (7541 MiB)
データの SHA256 チェックサム: 83E299D80B9B28DFAA96C21CD0A780E7D2E39050FF4C900095DF92626EB7CA3B
データと名前の SHA256 チェックサム: 166508AF639C94BF0011216350AE9B2F3B0D3CC8EF561464FF769E8DE255330C

雑記

Gitを使おうと思ったらgit add .で死にそうになりました。この規模(10ギガバイト以上)を扱うのは無理なんでしょうか。
SVNは何も分からないので。git-lfsが良さそうです。

Syncthingは膨大なファイル数を扱うとなるとかなりのつよつよネットワークが必要です。課金的にも、ファイル修正会ならまだしも一般配布に使おうものなら破産します。
1曲ごとかチームごとにzipして解凍のスクリプトを添付するなりなら非常に便利だと思います。私にはできません。

それとwasabiを崇めましょう。何が起きても私たちにはwasabiがあります。ここはAWS S3なんですけども。

Comments !